メイン › 記事のフォロー

10月号付録 一歩先のハムログ入門の補足

2011.09.23

CQ ham radio2011年10月号付録で紹介している「Turbo HAMLOGで0に斜め線が入ったフォントを使う」について,
QSLカードの印刷時に不具合が出る場合があることがわかりました.
ここに不具合の状況と,対処方法のを説明をさせていただきます.

この記事で紹介している「Osaka-等幅」を使ってQSLカードを印刷すると,
数字の「4」の後ろに半角スペースほどのアキが発生するとのご指摘を読者からいただきました.
記事の編集時点ではこの不具合を認識できていませんでしたが,
編集部で確認した結果,この不具合は使用するプリンタやいろいろな条件によって
出る場合や出ない場合があることが確認できました.
しかし,入力画面や交信データの一覧など「Osaka-等幅」を画面で表示させるだけなら,
この不具合は起こらないので,そのままお使いいただいても大丈夫です.

この問題の原因はフォントそのものにあると思われます.
このため,QSLカードの印刷には「Osaka-等幅」を使用せず,別フォントの使用をお勧めします.
Osaka-等幅」フォントの代わりに使用する0に斜め線が入ったフォントの一つに,
独立行政法人情報処理推進機構が公開しているIPAフォントの「IPAゴシック」があります.

IPAフォントのダウンロードページに表示されている「IPAフォントライセンス」を読んで「同意する/Accept」をクリックすると,
ダウンロードページが表示されます.
このページの中ほどに表示されている「TTFファイル/TTF file」の中の「IPAゴシック(Ver.003.03)/IPA Gothic(Sans serif)(Ver.003.03)」をダウンロードしてください.

フォントが入ったZIPファイルがダウンロードされるので,解凍後,「Osaka-等幅」と同様に,インストールしてください.
少し書体は変わりますが,0に斜め線が入ったフォントが確認できます.

IPAゴシック」を使用したところ,不具合は収まりました.
読者の皆様にはたいへんお手数をおかけいたしますが,
QSLカードの印刷時は,フォントの変更をしていただけますようお願いいたします.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/562

特集内AH-4汎用コントローラの補足

2011.04.19

CQ ham radio 2011年5月号p.57に掲載している
コラム「AH-4汎用コントローラの工夫」について,
使い方やカウンターポイズなどの補足記事をお届けします.


● 本体とカウンターポイズの設置例
AH4_1.JPG

本体をベランダに設置した例を上の写真に示します.
コモンモード・フィルタとして,同軸ケーブルにはFT-240 43材のフェライト・コア,
コントロール・ケーブルにはフェライト・バーを装着しています.
カウンターポイズについては,特に難しいことはありません.
適当な長さのビニル線を数本アース端子につなぐだけです.
5m程度の長さがあれば,十分動作します.
折り曲げてもかまわないので,ベランダの中をはわせるとよいでしょう.

● コントローラの操作方法

次にコントローラの操作方法です.
コントローラの詳細は本誌の記事をご覧ください.
まず,モードをCWにしてキャリアが出せる状態にし,
トランシーバの出力を5W程度まで落とします.
「KYE」スイッチを押すとキャリアが出ます.
その後すぐに「START」スイッチを0.5秒ほど押してボタンから手を離します.
すると,「TUNE」ランプが光り,チューンが開始されます.
早いときは,ほんの1秒ほどでチューンが完了し,「TUNE」ランプが消えます.
だいたい2~3秒でチューンが完了することが多いでしょう.
もし10秒以上たってもチューンが完了しない(「TUNE」ランプが消えない)ときは,
チューンが取れないので「KEY」スイッチから手を離して送信を中止します.
このときは,別のバンドにQRVするか,エレメントの長さを変えてみてください.
誤ってパワーを落とさずにチューンを取ると,チューナが自動的にスルーの状態になり
チューンが取れません.

コントローラの内部は下の写真を参考にしてみてください.

● アンテナの実績
AH-4+ロング・ワイヤを使うと3.5MHz~50MHzまで簡単にQRVができます.
国内交信は難なくこなし,南極を含む7大陸との交信実績もあります.
実際に使ってみると,意外とよく飛ぶことが実感できると思います.

● ぜひお試しください
小さなスペースでマルチバンドで楽しめるこのアンテナ・システムは,
アパマン・ハムにもってこいだと思いませんか.
アイコム以外のトランシーバにも対応できるので,他社製のトランシーバを持ちの方は
ぜひ一度試してみてください.


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/540

海外コンテスト規約の訂正

2011.03.29

本誌2011年4月号の海外コンテスト規約に掲載しています
CQ WW WPX Contestの紙ログの提出先に誤りがありました.
ログの提出先を次のように訂正させていただきます.

CQ WPX Contest, 11 Hollis Street, Uxbridge, MA 01569

読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/532

2011年3月号 QSL Informationの訂正

2011.02.21

CQ ham radio 2011年3月号のQSL Information(p.209)に誤りがございました.

ページ右段の最初にある
「T88KO」のQSLマネージャーを「JS1OHI」に訂正させていただきます.

皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫びいたします.

「T88KO」のQSLカードは,JARL会員の方はビューロー経由で「JS1OHI」あてにご請求ください.
SASEでの請求はJARL会員以外の方のみとのことです.
詳細なインフォメーションはQRZ.COMのT88KOのページに掲載されていますので,ぜひご確認ください.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/525

CQ ham radio CW アワードの訂正

2010.12.29

CQ ham radio2011年1月号にて,
『「CQ ham radio CW Activity Award」と「Dot & Dash」を発行します』(p.40~)と
『CQ ham radio CW アワード規約のお知らせ』(p.232~)
を掲載させていただきました.
この記事の中に誤りがありましたので訂正させていただきます.

『「CQ ham radio CW Activity Award」と「Dot & Dash」を発行します』
p.40中段,Cグループの例を「8J2AI」に,同じくDグループの例を「8J1A」に訂正させていただきます.

『CQ ham radio CW アワード規約のお知らせ』
p.233右段,申請受付期間を「2011年2月1日から2012年1月31日」に訂正させていただきます.

以上です.
読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします.

アワードの規約は「CQ ham radio CW Activity Award」と「Dot & Dash」のWebサイトをご覧ください.

多くの読者の皆様からのアワードへのご参加をお待ちしています.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/514

“波照間 on the AIR”八重山諸島でIOTAバケーション

2010.11.17

本誌2010年11月号にて紹介している
“波照間 on the AIR”八重山諸島でIOTAバケーション
をご覧いただけましたでしょうか.
この記事用に筆者のJS3OMH 倉田さんよりたくさんの写真をお送りいただいたのですが,
残念ながらページの関係で限られた枚数しか紹介できませんでした.
記事内でお届けできなかった写真の一部をあらためて紹介させていただきます.

A.JPG
8月22日から就航した波照間海運の新造双胴船“ぱいぱてぃろーま”
移動運用で乗った無線局は当局が初?


B.JPG
ホテルオーシャンズ.屋上があり,清潔で快適なホテル
屋上はほぼ360度の展望がありロケーション抜群

C.JPG
5mケーブル・キャッチャーの先にロッド・アンテナを付けたエレメントにATUの組み合わせ
7MHzと10MHzは延長コイルを挿入する

D.JPG
波照間ブルーと言われるニシ浜
どこまでも青い海と白い砂.熱帯魚と泳ぐことできる

E.JPG
さとうきび畑が広がる波照間島内
島内で作られる黒糖はお土産に好適

F.JPG
島のプレミアム泡盛”泡波”の醸造所

G.JPG
島内にある昔ながらの沖縄独特の家


無線が楽しめるだけでなく,美しい自然と文化に触れることができる波照間島を
一度訪れてみませんか.
すばらしい体験ができるように思います.

Tnx JS3OMH

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/507

2010年10月号の中国語講座のカラー写真

2010.09.30


写真1 江南地方の水郷風景を残す「古鎮」(七宝古鎮)

CQ ham radio 2010年10月号の「ハムのための中国語講座」でご紹介いたしました,

江南地方の水郷風景です. 連載もいよいよあと少しとなりました.

次回もぜひ,お楽しみください!

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/495

ORARIジャカルタ支部・IOTAペディション

2010.09.19

本誌2010年10月号のp.71に掲載がある
ORARIジャカルタ支部・IOTAペディション(OC-177 Ayer島)
の記事中でご紹介しきれなかった写真とぜひカラーでお届けしたい写真を紹介します.


%E5%86%99%E7%9C%9F1.JPG
IOTAペディション参加メンバー


%E5%86%99%E7%9C%9F2.JPG
これからAyer島に向けて出発です


%E5%86%99%E7%9C%9F4.JPG
40mバンドのダイポールを設営中.三角屋根のコテージにシャックがあります


%E5%86%99%E7%9C%9F3.JPG
防波堤にマストを突き刺してアンテナを設営.手前は40mバンドのダイポール


%E5%86%99%E7%9C%9F5.JPG
4歳の娘です.様になっています,hi


%E5%86%99%E7%9C%9F6.JPG
QTHは南緯06度00.201分,東経106度46.922分.高度25mというのは地球の自転で赤道がふくらんでいるから?


%E5%86%99%E7%9C%9F7.JPG
コンテストを忘れて盛り上がる?


%E5%86%99%E7%9C%9F8.JPG
気持ちを切り替えてコンテストに集中


記事の詳細は,本誌をご覧ください.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/493

2010年7月号の中国語講座のカラー写真

2010.08.05

写真1 上海の名所・明代の庭園「豫園」前商店群の夜景


写真2 租界時代の西洋建築が並ぶ通称「バンド」

CQ ham radio2010年7月号の,
連載「ハムのための中国語講座」で紹介した写真です.
夜景がとても綺麗ですね!

次回の中国語講座もお楽しみに.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/480

2010年8月号の中国語講座のカラー写真

2010.08.04


本誌2010年8月号の連載「ハムのための中国語講座」で紹介した,

上海市内観光名所「七宝古鎮」のカラー写真です.

編集部員はこの写真を見ると,中国に行きたくなります!

次回の中国語講座もお楽しみに.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/479

HC-100ATのFT-857用コントローラ

2010.07.09

本誌 2010年7月号の特集「オート・アンテナ・チューナで楽しむHFバンド」の
p.41で紹介している「HC-100ATのFT-857用コントローラ」について,
このコントローラーの製作者であるJQ1BWT 澤田さんより詳細のご連絡をいただきました.

澤田さんのブログにて詳しい解説がありますので,興味のある方はぜひ一度ご覧ください.

Tnx JQ1BWT


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/474

FT-817コントローラの記事中の写真

2010.02.26

CQ ham radio2010年3月号に掲載しています「FT-817コントローラの製作」の記事中に,基板の配線面の写真があります.

記事中の写真はモノクロ写真なので,よくわからないという方もいらっしゃるかもしれません.
そこで,基板の配線部分のカラー写真をお届けします.
写真をクリックすると大きな画像が表示されますので,ぜひご覧ください.


%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg
写真2 メイン基板配線面


%E5%86%99%E7%9C%9F3.jpg
写真3 キー・パッド基板


%E5%86%99%E7%9C%9F4.jpg
写真4 キー・パッド基板配線面

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/429

7MHz CW送信機 パーツとケースをプレゼント!

2009.06.26

特別付録 『7MHz CW QRP送信機』が好評いただいている
CQ ham radio 7月号 からのお知らせです.

マルツパーツ館で販売中の基本パーツセットと
加工済みケース一式が当たるプレゼントはご存じですか?

200907CW2.jpg

見落としている方,まだご覧になっていない方は7月号の p.44 をご覧ください.

また,6/19~7/18までの間にマルツパーツ館で上記部品を
購入された方にはお得なチャンスがあるようです.
チェックしてみてはいかがでしょうか.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/354

CQ 壁掛けカレンダー

2009.02.28

本誌2009年1月号付録 CQ壁掛けカレンダーをお使いでしょうか.

編集部に
フックに掛ける穴がないので使えない
というご意見をいただきました.
ご不便をおかけして申し訳ありませんでした.

「画鋲でとめるのも何だか気が引ける」
という方もいらっしゃると思いますので,
次のよう留め方ご紹介します.

P1020702.JPG


クリックすると大きくなります

ダブルクリップの「豆サイズ」を使用しています.
この留め方ならカレンダーに穴を開けることもなく
壁に掛けられます.
ぜひお試しください.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/304

パッシーブ型オーディオ・フィルタ

2008.12.09

本誌2008年11月号の特集p.56~で紹介している
パッシーブ型オーディオ・フィルタを製作してみました.


中央の黒い箱がフィルタ

穴があいていない基板に,はんだ付けをする作業というのは,
思いのほか面倒です.
パーツの数の割りには,製作に時間がかかってしまいました.
また付属のケースはかなり小さめです.
収まらないことはないのですが,ラインの取り回しや基板,電池,
ジャック,SWの配置がかなり制限されます.
そこで少し大きめのケースに変更しました.

また,CWフィルタとして使っているときはいいのですが,
モードをSSBにすると,音声が聞きづらくなります.
フィルタのSWを切ってしまうと,音が出なくなってしまうので,
ヘッドフォンをトランシーバにつなぎ換える必要がありました.
しかし,それは面倒です.
そこで,電源SWを6ピンSWに変更し,フィルタの電源ON/OFFと同時に,
フィルタをスルーさせるようにしてみました.

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF2.jpg
6ピンSWでフィルタのスルーと電源のON/OFF

これでモードを変更するたびにヘッドホンをつなぎかえる手間が省けます.

絶対的は切れは純正のCWフィルタに軍配が上がりますが,
個人的にはこちらの音質のほうが好みです.

トランシーバにSSBフィルタの装着したために,
物理的にCWフィルタを入れられない場合などは
このフィルタが有効ですよ.
値段も安いので,一度お試しください.


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/283

7月号「電子工作を始めよう」

2008.06.23

編集部あてに,大阪にお住まいのAさんから,
ご質問のご連絡をいただきました.

7月号p.137ページの「電子工作を始めよう」の記事中
手巻きするプラグイン・コイルの直径はいくつですか
というものでした.筆者に確認したところ,一般的な
ボールペンでいいのですが,との答えですが,測って
もらったところ,直径は9mmとのことでした.

以上,追加情報とさせていただきます.
Aさん,ご連絡ありがとうございました.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/201

OIKey-F88のケーシング・コンテスト

2008.06.12

本誌6月号でもお知らせしましたが,4チャネル・メモリー・キーヤー
OIKey-F88付録基板を使った,ケーシング・コンテストを開催
しています.

条件は二つ,本誌6月号の付録基板を使って作った
OIKey-F88であること,ケースに入れたり,カバーをつけたり
していること,このふたつです.

締め切りは2008年7月14日,編集部あて必着です.
なお,写真と書類による審査になりますので,キーヤー
本体は送らないでください.詳細は本誌6月号p.61を
ごらんください.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/187

電子申請の注意

2008.06.10

4月から始まった“電子申請lite”にチャレンジしてみました.

実は4月中に出力の変更申請をしていたのですが,
2か月経っても連絡がありません.
おかしいと思いながら申請履歴を見てみると,
そこには5月半ばの日付で“審査終了”の文字が.

封筒を総合通信局に送るのを忘れていたら,
いつの間にか審査が終わっていたのでした.
審査終了の連絡は特にないようです.

これから電子申請をしようという方は,
SASEでの封筒を送り忘れることがないように
気をつけましょう.
忘れてしまうと,総合通信局に免許状を受け取りに
いかなければならないようです.

OIKey-F88用パーツセットの続報(その3)

2008.05.26

大変ご好評いただいています,メモリ・キーヤーOIKey-F88
秋月電子通商さんが販売しているパーツセットの続報です.

大変な人気で品切れ状態が続いていますが,
今週末には安定してお求めできるようになるとのことです.

楽しみにしていただいている読者の皆さまには,
たいへん申し訳ございませんが,いましばらくお待ちください.
パーツセットが販売再開され次第,このブログでお知らせするようにいたします.

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/174

繰り返し機能付きCQマシン

2008.05.02

CQ ham radio2008年5月号に掲載されている
音声録音&再生ICを使ったCQマシンの製作 繰り返し機能付き編
では追加基板の製作が要になります.
この追加基板を編集部で製作しましたのでご覧ください.

各写真をクリックすると大きな写真が現れます.

まずは基板の全体です.


次に基板を横方向です
パーツが見やすいようにICは付けていません.

斜め方向からも見てみましょう.

これで各部品の配置,極性がおわかりいただけると思います.
本誌の記事を併せてご覧ください.


使用する部品に特殊なものはありません,また,高価な測定器も必要ないので,
どなたでも製作できると思います.
自作ビギナーの方にはちょっと手ごわいかもしれませんが,
手も足も出ないというものではないでしょう.
少し背伸びをして頑張りましょう.

安価で実用的なこのCQマシンを作って見ませんか?

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cqhamradio.jp/mt/mt-tb.cgi/149